昨今、葬儀の簡素化が進み、以前のようなお葬式を見る機会が減ってきております。

葬送業界も多様化を極め、インターネットを活用し受付のみを行っているようなプラットフォーム会社も年々増加しています。利便性が高まる一方で、亡くなられた方を悼み、お世話になった方々への最期のお別れの場である葬儀が、本来の意義から離れ、安価であると同時に機械的な儀式へと変化し、葬儀後、多くの後悔を生み、またクレームへと発展するケースも多く見られるようになってきました。

そんな時代に私たちは、日本仏教協会が推奨する「仏教葬祭アドバイザー」資格を取得し、故人はもちろん、ご遺族の皆さまにもご満足頂ける葬儀をご提供できるよう、皆さまのご要望にお応えする体制を整えております。

是非一度、「終活ライフケアプランナー」も在籍する当社に、「もしも…」に備えてご相談頂ければ幸いです。